事故後、病院または整骨院へ行かなければどうなるか?

車同士の事故で、当事者に外傷や自覚症状がない場合、多くの人は病院へ行きません。

しかし、事故から数日後に身体に異常が現れて、慌てて病院へ行く人も少なくないみたい

です。はじめに警察へ物損事故として報告した場合「交通事故証明書」も物損扱いになり

ます。そのままではその後に治療を受けても、自賠責保険に治療費などを請求できなくな

るかもしれません。事故日から受診日までの間隔が短ければ次のように事故の種別

を「物損」から「人身」へ切り替えることで、警察で認められる場合もあります。

1、診察の結果、異常が判明した場合には医師に「警察へ提出するための診断書」を

書いてもらう

2、事故発生場所を管轄する警察署に、医師の診断書を届ける

また、警察で切り替えができない時には、認められる可能性は低いものの、「交通事故証明

書(物損扱い)」に、「人身事故証明書入手不可能理由書」を提出することで、保険金請求が

認められることもあります。しかし後日に面倒を残さない意味でも、事故後には素早く病院

または整骨院で診察を受けてください。