警察に通報しなければどうなるか?

警察への通報は、道路交通法第72条1項に定められた報告義務、届出義務です。

しかし、車同士の軽い接触事故や、物損だけの事故、被害者の軽い転倒事故では

この警察への報告・届出義務が守られないのも少なくありません。

人身事故の場合、警察に通報すると、警察官が事故現場での状況見分を行います。

そこでドライバーは、1事故が発生した場所、2死傷者数と障害の程度、3現場で取

った措置、などを警察官へ報告します。それによって作成された「実況見分調書」

には、事故の状況が細かく記載され、事故の事実が記録として残ります。

警察に報告義務を怠った場合には、実際に事故が起きた事を証明できないだけで

なく自動車保険の請求に必要な「交通事故証明書」も入手できなくなります。また

、「交通事故証明書」がなければ、事故直後に予測できなかった症状が出てきた場

合には、保険の請求が難しくなってしまいます。歩行者が被害者の人身事故の場

合、被害者に報告の義務はないですが、ドライバーが警察へ報告しない場合には

被害者側から報告して下さい。