交通事故の直後にとらなければならない措置について

交通事故が起きた場合、加害者と被害者は道路交通法第72条1項の定めに従って、すぐに次の措置をとる必要があります。

運転を停止して被害状況を確認
車を道路左側に停め、死傷者の有無、損壊した車両・物品などの状態をすぐに確認しましょう。

負傷者を救護
事後処理の遅れが人命を左右するため、負傷者がいる場合は、すぐに救急車を呼びましょう。救急車の到着までに時間がかかる場合は、負傷者を可能な範囲で応急措置をするなど、素早い対応を心掛けましょう。

危険防止の措置
負傷者の救護義務を果たしたら後続車を誘導したり、事故発生を知らせるなど、二重事故を防ぐための危険防止措置を取る必要があります。道路上にガラスや部品などが危険な状態で散乱している場合、現場保存より片づけを優先します。

警察へ通報
①~③を極力短時間で済ませ、最寄りの警察署、派出所などへ通報する。目撃者や通行人に通報を依頼出来るときは、事故発生直後に通報するとよい。