加害者の責任の種類について。

交通事故が発生した場合、事故を起こした加害者は「刑事上」「民事上」「行政上」の3つの責任を負うことになります。

刑事上の責任
事故により人を死傷させた場合は、刑法に定められた懲役刑、禁固刑または、罰金刑を負うことになります。また、無免許運転や飲酒運転をした場合は道路交通法により、懲役刑または罰金刑を負うことになります。

民事上の責任
事故により人を死傷させた場合は、自動車損害賠償保障法により、被害者への損害賠償責任を負うことになります。

行政上の責任
道路交通法に違反している場合は、反則金や運転者に違反点数が課せられ、公安委員会から免許停止や免許取取消処分を受けることになります。

以上3つの責任のうち、①と②は非常に密接に関係しています。それは、加害者が民事上の責任として、被害者の納得する示談金(損害賠償額)を支払っていた場合、加害者の刑罰(刑事上の責任)を決定するときに有利になるからです。