損害賠償金を正しく請求する方法は?

加害者が自賠責保険だけに加入している場合
 
 示談が成立しても加害者が賠償金を支払わない場合、被害者が自賠責保険に直接請求する

 ことになります(支払限度額を超えた部分は、加害者の自己負担となる)。

・加害者が自賠責保険と任意保険に加入している場合

 被害者は損害保険会社と示談交渉することになります。しかし、加害者が責任を否定して示談

 代行が行われない場合、被害者は人身損害部分について自賠責保険に被害者請求すること

 になります(任意保険の種類によっては、加害者の損害保険に対して人身事故や物損につい

 て直接請求できる時もある)。

・加害者が保険に未加入の場合など

加害者が「無保険車」の時や、盗難車、ひき逃げによる事故で所有者に責任を追及できない時

 は、政府の自動車損害賠償保障事業に請求するか、もしくは被害者が任意保険の「人身傷害

 補償保険」へ請求することになります。