任意保険の保険金を請求する方法は?

前回は自賠責保険の請求方法についてお話しましたが、今回は任意保険の保険金を請求する方法についてお話ししたいと思います。

自賠責保険の請求方法には「加害者請求」と「被害者請求」があることをお話ししましたが、実は任意保険にも「加害者請求」と「被害者請求」があります。

① 加害者請求について
通常、加害者が加入している損害保険会社に保険金の請求を行っていれば、損害保険会社が被害者との示談を代行し、示談成立後に保険金を被害者に支払ってくれます。この場合、損害保険会社が自賠責保険の請求手続きも一括して行ってくれますので、加害者自身が別途に自賠責保険の請求手続きを行う必要はありません。

② 被害者請求について
自賠責保険の請求方法についてお話しした時にも書きましたが、示談が成立したにもかかわらず加害者が損害賠償を支払わない場合、被害者は加害者の加入している損害保険会社に被害者請求をすることができます。ただし注意しておきたいのは、被害者の直接請求権は保険約款上の権利ですので、必ず請求できるとは限らない、ということです。また、示談金全額の支払いが受けられるとも限りません。ですから、加害者から損害賠償を受けられない場合には、被害者自身が加入している損害保険会社に「人身傷害補償保険」などの保険金を請求し、早期に損害を穴埋めすることの方が得策な場合もあります。